So-net無料ブログ作成
検索選択

ビールのうまい季節がやってきました!だったら〝漢江ナイトクルーズ〟でしょう! [韓国・旅行]

  自分が「漢江ナイトクルーズ」に参加したのは、もうビールの季節も終わりという頃で、夜ともなれば寒いという韓国の気候をすっかり忘れていました[たらーっ(汗)]
でもね、ビール好きの自分ですから、あの飲み放題は魅力でしたよ、ジョッキが空になったら自分でサーバーから注いでくればいいんです、何杯でも。
「あいつよく飲むな」なんて誰も見てませんから(笑)、おもいっきり飲んではじけちゃいましょう。

画像 244.jpg画像 245.jpg
画像 247.jpg

画像 007.jpg

そしてバーベキューだとか、生野菜とかキムチだとかもバイキングで食べ放題です、飲食だけでもこんなお得なのに、漢江の夜景が楽しめて、その上に漢江名物、「盤浦大橋(パンポデキョ)」の虹の噴水ショーが、河側からしかも結構な距離まで近づいて停船してくれますから、その迫力と美しさに「うわぁー!」「オーッ!」と声が出てしまうくらい。
これから夏にかけてソウルへ出かける皆さんには超お薦めしたいですねえ。
自分は小食ですからあまりお徳にはなりませんが、ガリィパパさんのように飲むは飲むは!しかも食欲もバッチリなんて方には最高のツアーじゃないですか、ねえ、パパさん(笑)

  では、予約ができるサイトを三つご紹介しておきます。
     コネスト cruise" target="_blank">http://www.konest.com/tour/tour_detail.html?t_id=nt6_cruise
     ソウルナビ http://www.seoulnavi.com/miru/318/
     Alan1.net https://www.alan1.net/jp/asia/korea/sg/2531/ag/14791/

  そして、「ナイトクルーズ」と「虹の噴水ショー」の様子を、噴水の音に音楽をかぶせたりして作り直しました。
以前に見たことのある方もきっと違った感覚で、改めて噴水ショーを楽しめると思います。
  動画の時の紀行文はこちらになります、
    http://dora-love-b.blog.so-net.ne.jp/2010-10-05
    http://dora-love-b.blog.so-net.ne.jp/2010-10-06-1



共通テーマ:旅行

パンフレット・リーフレットで振り返る韓国旅行 「63ビル」 [韓国・旅行]

  パンフレットやリーフレットをどんな無駄のようなページも全てスキャニングして、そのままのものをご紹介しています。
で、ここで紹介するものはちょっと迷いました、とにかくでかい! これを観光リーフレットとして見るかマップの一つとして見るか、ちょっと区別に困るのですが、地図ではなくってビル内部の案内用のマップなので観光用のリーフレットと判断することにしました。

  前の「南楊州総合撮影所」とは違ってなんとまあ合理的・省エネ的にできていることか(笑)、さすがに近代的な施設だけあってやることも合理的です。
英語日本語中国語をこの1枚で済ませちゃおうっていうんだから、作るも配るも手間は省けるんでしょうが、とにかく見にくいったらありゃしない。
でもこのビルにはこの三カ国どころではなく、世界中の人が訪れるんでしょうから、まあ日本語が英語のものの仲間に入っているだけでも嬉しいじゃないですか[わーい(嬉しい顔)]

  この「63ビル」へは公演と、「WAXミュージアム」を見るだけのために訪れただけですから、自分は高い所にも上がっていないし、何も知りませんから、もしかしたら読んでみえる方の方が詳しいかもしれませんよね。
歴史にあまり関係のない近代的な場所には、なんとまあ淡白な自分です(笑)

  ところで、ついでに「WAXミュージアム」の人形達、いわゆる「蝋人形」の画像をひとつにまとめてスライド化してみましたので、改めて見てみてどう判断しますか?似ていますか?、『そっくりだぁ!』  『エー、これがぁ…似てねえ!』 さてさてどうでしょう???

63ビル (1).jpg63ビル (3).jpg63ビル (2).jpg
63ビル (4).jpg



共通テーマ:旅行

パンフレット・リーフレットで振り返る韓国旅行 「南楊州総合撮影所」 [韓国・旅行]

  つい先日もこの「南楊州総合撮影所(ナミャンジュチョンハッチャリョンソ )」のことは話題にしたばかりです。
「太陽を抱く月」での子役時代最後の霧雨のシーン、そして「根の深い木」でのカリオンを敵とも知らずに救おうと動くカン・チェユンたちのシーンを撮影した場所として話題にしました。

3.jpg
無題3.jpg

  でもこの「南楊州総合撮影所」は数々の名シーンを彩った場所、市場のシーンでは欠かせない民俗村セットがあまりにも有名です。
「トンイ」での熱風船シーン、そして「ファン・ジニ」での綱渡りのシーン、数えあげたらきりがないくらいです。
  そんな場所を訪れたのが2009年のことでした。
ここは昔の記事を読んでくれた方は記憶にあると思うのですが、自分は無銭飲食ならぬ無銭見学、いわゆる〝タダ見〟しちゃいました[ふらふら]
料金を支払う場所のことがよく分からなくって、ゲートで支払うのを知らなかった。
ゲートのおじさんは懸命に徴収しようとするが、自分はそこで入場料を支払うなんて思いもしないから、お互いの伝えようとすることが平行線のまま、まったく交わることがないのだから、とうとう相手のおじさんが負けた(笑)
そのままゲートを通らせてくれたのだが、後になって建物の方の日本語で案内してくれた女の子に訊ねると、もう建物の方ではお金を受け取るシステムにはなってないようで、受け取ってもくれず〝タダ見〟の自分にも本当に親切なスタッフでした。
  それにしても、その女の子のスタッフが、「よく入場料を払わずに通してくれましたね」という感じでしたから、よっぽど料金徴収のおじさんを根負けさせるほど、スーパーチンプンカンプンの鈍い人間だったんでしょうね[たらーっ(汗)]

  どうしても思い出の方にいってしまいます、話題を戻します。
この「南楊州総合撮影所」のリーフレットはデザインも紙質も一流品なんですよ、無料で見学した自分が、「こんないいものを貰っていいの(?)」ってなんやら恐縮してしまいそうなほどです。
紙質も厚手ですし、きれいに畳んでありますから、一見は冊子に見えるのですが、うまく畳んであるのを広げてみると、確かに1枚の紙、うまく切り込みを入れて巧みに織り込んだリーフレットなんですよねえ、本当に優れものになっています。

 そんないいリーフレットが日本語のものもちゃんと用意してある自体が嬉しいことですし、しかもそこに書かれているコメントなどが日本人好みのいいフレーズが使われたりしています。
  
  さてさて、改めてこのリーフレットに目を通しますと、やっぱり気になるのは最近話題にした一番奥に存在するセットです。
観光サイトの「コネスト」では「雲堂(ウンダン)」となっていましたが、この日本語のリーフレットでは「伝統韓屋セット」と、日本人でも分かりやすい表現で示されているようです。
          南楊州 (4)-2.jpg
そこでその部分をよく見てみると、「家門の栄光」「茶母(チェオクの剣)」「海神(ヘシン)」などが並んでいる。
これまでも自分が視聴したドラマでもちゃんと目にしていたんですよね。
でもきっと、これからのリーフレットには「太陽を抱く月」や「根の深い木」というタイトルがここに書かれることでしょう、というよりも、今現在のリーフレットももしかしたらそうなっているかもしれませんね。

南楊州 (1).jpg南楊州 (3).jpg
南楊州 (4).jpg
南楊州 (5).jpg
南楊州 (6).jpg
南楊州 (7).jpg
南楊州 (2).jpg南楊州 (9).jpg

共通テーマ:旅行

パンフレット・リーフレットで振り返る韓国旅行 「百済・公山城(コンサンソン)~公州市」 [韓国・旅行]

  なんだか凄いピッチの更新だぎゃあ、どうなっとるのぉ? とお思いの方も多いでしょう。
きっと えりなーさんやガリィママさんなんかも、「どうした?150万閲覧いったからトチ狂っちゃった(?)」なんて思ってやしませんかぁ(笑)
実を言いますと、諸事情で昨日から明日までは暇なんですよ、だけど明後日からは疲れ果ててブログどころではなくなりそう、ということで書けるうちに書いてしまっとけって感じです。

  「百済浪漫号」で最後に訪れた場所が「公山城(コンサンソン)」、ツアーですからね、ちゃんとリーフレットもくれるわけです、実際には奥までは行けずに入り口の城門・城壁止まりなのに、このリーフレットにはいろいろ紹介されています。
実際には見学もしていない場所…ちょっと心残りを増幅してくれてしまうリーフレットです。

  この「公山城」では生まれて初めてという、それこそ初体験とも言うべく〝コスプレ〟を経験しました。
自分はねえ、こんなの着たくはなかったんですよ、本当ならパスしたいところだったのに、ツアーのガイドさんは観光客の思い出づくりに使命感を感じていますから(笑)、そんなこっちの気持ちなんかそっちのけで、
  「はいはい、早く着て着て、着たら写真を撮りますからね」ってな感じで有無をも言わさぬペースですから、「照れくさいけど腹をくくるっきゃないか[あせあせ(飛び散る汗)]」と言われるままに従順になるしかござんせん。
  ドラミア仲間に例えると、えりなーさんみたいなもんです(大笑)、そういやあ昨年の「ドラミア同窓会」で、大阪城で二度目のコスプレを、やはりえりなーさんの号令のもと有無を言わさずさせられましたっけ[わーい(嬉しい顔)]

  当時も書きましたが、この衣装、百済の貴族のいでたちらしいのですがやたらでかくてブカブカ、ズボンは脇の下まで上げてもご覧のとおりでまだ足を引きずるくらいの長さ。
その時は自分がちっこいからだと思い込んでいましたよ、でもね、あのドラマ「薯童謠(ソドンヨ)」を見てたらブカブカが当たり前じゃあないですか、考えてみればこの衣装のズボンを腰で履けるなんてのは、昔のジャイアント馬場か韓国ならチェ・ホンマンくらいのものですよ、ただ股の位置が膝上くらいになりそうですけどね[ふらふら]
どうやら百済の当時のズボンは、胸の辺りまでくる〝ズボン型の着物〟という感じで着ていたのではなかろうか(?)と最近になって思っている次第です
百済の貴族ですから、戦うわけでもなく、机上の空論を唱えながら威張っていればいいってことで、こんな動きづらい衣服でも平気だったんでしょうね、きっと。

    j 公山城 (2).jpg

  おっとっとッ、肝心の「公山城」のリーフレットを忘れてました[あせあせ(飛び散る汗)]
やっぱりたとえ5年前だろうと、思い出してくるものですよね、楽しかった思い出というものは。

公山城 (1).jpg
公山城 (2).jpg
公山城 (3).jpg公山城 (5).jpg
公山城 (4).jpg
公山城 (6).jpg

共通テーマ:旅行

「百済浪漫号」で亡国 百済を訪ねた思い出をスライドで [韓国・旅行]

  あれから5年かい!
何から5年か?って(?) 「扶余(プヨ)」間違いで「百済浪漫号」の現地ツアーをしてからもう5年なんですよぅ、本当に月日の過ぎるのは早いです、ってえか早すぎでしょ!

  おバカな勘違いでの参加ではありましたが、なかなかいいツアーでしたよ。
自分が利用したのは「ルックJTB」で予約してというものでしたが、今現在でもこの「百済浪漫号」は健在のようです。
それどころか更にグレードアップしているようです。
ツアー自体の所要時間がかなり長くなっている、それはなぜかと言いますと、「百済文化団地」が目的地に加えられたからです。

無題.jpg
ルックJTB現地ツアーサイト
      http://www.jtb.co.jp/lookjtb/support/asi/sel.asp

  「百済文化団地」、憶えてますか?
ドラマ「階伯(ケベク)」の宮殿として、「MBCドラミア」と平行して使われていました。
まだ新しいからきれいででかくて、なんでもこういった昔の宮殿をすべて再現しているのは唯一ここだけなんだそうで、滅亡した国なので、残っている乏しい資料を元にして、なんとかこれだけのものを建てたのだといいます。
自分なんかはとっても興味がありますから、過去にこの「百済浪漫号」を経験していなかったら、絶対に参加希望してしまいそうです。
いかんせん、他のコースは経験済みですから、いつかはこの「百済文化団地」を目的に扶余を訪れてみたいです。
  でも、まだ経験していなければ、自力で行かなくても「百済文化」の代表的な場所を巡ってくれるんだから、こんな楽なことはないわけで、百済の歴史に触れてみたい方にはもってこいのツアーに生まれ変わっていると思います。
  なにもJTBさんの宣伝をするわけではないですが、現地ツアーの中では充実した内容になっているみたいな気がしています。

1935297434_9026909c_IMG_4679.jpg

   百済文化団地 参考サイト
      http://www.visitkorea.or.kr/jpn/TE/TE_JA_7_1_1.jsp?cid=1330936
      http://www.hikorea.jp/tour/tour_view.php?topinfo_tcode=TB1299733801

  ところで、そんな5年も前のものですが、「百済文化団地」以外は以前のツアーと変わってませんから、こんな場所を巡るんだっていう、参考程度にはなるかと思います。
5年前の「百済浪漫号」で訪れた場所をスライドにまとめてみました。



共通テーマ:旅行

パンフレット・リーフレットで振り返る韓国旅行 「百済の都・扶余(プヨ)にある博物館編」 [韓国・旅行]

  歴史が好きだと自分で認めているくせに、最初の頃はなんにも分かってはいなかったというのが、この場所「扶余(プヨ)」です。
チャングムの誓い」で韓国の時代劇に興味を持ち始めた自分を、それ以上に夢中にさせてのめり込ませるきっかけを作ったのが「朱蒙(チュモン)」でした。
  このドラマ「朱蒙」の中でよく登場していた地名が「扶余」
今なら「高句麗」という、後にも先にも朝鮮半島で最も領土を広げた国が、朝鮮半島の北方から現在の中国の一部にかけての国だったなんてのは、常識的に理解している自分ですが、当時はそうではなかった(笑)、この「扶余」という地名だけに反応して、「百済浪漫号」という現地ツアーに飛びついてしまった[たらーっ(汗)]
  よく考えりゃ分かろうというものですよ、ツアーの名前に付いてるじゃないですかねえ〝百済〟って(苦笑)
そんな勘違いから訪れることになった場所が「扶余」でした。
現地ツアーでしたから定番の博物館見学があったということで、自分の旅行では数少ない博物館のものです。

国立扶余博物館
扶余 (1).jpg扶余 (1-2).jpg
扶余 (2).jpg扶余 (3).jpg扶余 (4).jpg
扶余 (6).jpg扶余 (6-2).jpg
扶余 (5).jpg扶余 (7).jpg

定林寺址博物館
定林寺 (1).jpg定林寺 (5).jpg
定林寺 (4).jpg
定林寺 (2).jpg定林寺 (3).jpg

共通テーマ:旅行

パンフレット・リーフレットで振り返る韓国旅行 「景福宮(キョンボックン)にある博物館編」 [韓国・旅行]

  歴史は好きなくせに自分の旅行では、〝博物館〟という場所へは殆ど訪れていません。
どうも近代的な建物の中に、きちんとケースの中に収まった物にはあまり感動を覚えない、ヘンチクリン人間なんですよ。
ですから普通の人なら台湾の「故宮博物館」を褒めて感動するのに、自分はと言えばそうでもなくって、むしろ北京の「故宮」の薄暗い中で展示されていた〝残り物〟の方が好きだという、本当にへその曲がった変人なんです。
あの薄暗くて古い建物の中で、実際に使われていた宝物を目にした方が、その場所でそれを身に付けたり、使っていた人たちを空想できて好きなんです。
博物館のきれいな建物のケースの中では〝歴史的資料〟としては素晴らしいのは分かっていても、臨場感というか空想が広がらないですから。
  そんなわけで、韓国での博物館のパンフレットやリーフレットは、「扶余」と「景福宮」にある二つの博物館のものしかありません。
次のページで「扶余」にある博物館を紹介しますから、ここでは「景福宮」の敷地にある博物館のものを、前のページ繋がりで紹介しておきます、本当に博物館は飛ばして旅行をしているのが丸分かりですよね、なんせあの慶州も何度か行きながら「慶州博物館」へは行っていないんですから[あせあせ(飛び散る汗)]

国立古宮博物館
古宮 (1).jpg古宮 (2).jpg
古宮 (3).jpg
古宮 (6).jpg
古宮 (4).jpg
古宮 (5).jpg

古宮博物館 特別版
民俗 (6).jpg民俗 (7).jpg
民俗 (9).jpg民俗 (8).jpg

国立民俗博物館
民俗 (1).jpg民俗 (5).jpg
民俗 (2).jpg民俗 (3).jpg民俗 (4).jpg



共通テーマ:旅行

パンフレット・リーフレットで振り返る韓国旅行 「宮中儀式再現編」 [韓国・旅行]

  2007年の冬から始まった韓国旅行、実際に本格的な韓国旅行の開始は2008年ということになります。
そして以前のブログ「自由気ままな韓国一人旅」を書き始めたのが翌年の2009年の春でした。
当初は、旅行の思い出を残すというのが目的でしたから、思い出を手繰り寄せながら書いていたものです。
それが今や韓国の時代劇やら歴史にまで偉そうに手を出してしまって、いろんなことを書いてはいますが、原点はやはり韓国旅行の思い出を残すということです。
  おかげさまで、150万という思いもよらない回数、自分の書くことを読んでもらえるようになりました。
だけどこれを機に、アクセス数などはまったく関係なく、原点の「旅行の記録」も振り返ってみたいと思うのです。
でも、時間が経ちました、あれから何度も韓国を訪れました、もう記憶も曖昧になりつつあって旅行の紀行文なんてのは書けるはずもありません。

  だけど有り難いですよね、自分はけっこう旅行先でのパンフレットやらリーフレットをきちんと残しています。
ですからそんなものを利用して、「こんなものを見たなあ、こんな場所も訪れたっけな」と振り返ることは可能なんですよね。
これからちょっとずつ整理をしながら、そんなものもこのブログの1ページに残しておくことにしました、どうせ自分が死んだら紙クズでしかないんですから(笑)

  その最初は「宮中再現儀式編」という歴史イベントのものです。
韓国のソウルでは、数年前に古宮でいろんな歴史再現の儀式が行われていました、ところが、始めては消えを繰り返して、結局は祭礼以外の観光客用としてきちんと現在も残っているのは、「守門将交代儀式」くらいのものです。
この歴史再現の催しは「韓国文化財保護財団」という団体が行っています。
そのパンフレットやリーフレットも、こうして日本語のものが用意されていたのに、もらってきてもなかなかきちんとは読まないのが正直なところです。
せっかくなんですから、この際ご一緒に目を通してみてください。もちろんスキャニングした画像はクリックで相当でっかく見られると思います[わーい(嬉しい顔)]

          守門将 (1).jpg
守門将 (2).jpg守門将 (3).jpg
守門将 (4).jpg守門将 (5).jpg
守門将 (6).jpg

          守門将 (7).jpg
守門将 (2).jpg守門将 (9).jpg
守門将 (10).jpg守門将 (11).jpg
守門将 (12).jpg



  3・4年前がこういった儀式再現がピークで、いろんな古宮を利用して行われていましたが、中でも最大規模で長い時間を使って行われていたのが「御宴礼」です。
あのトンイの息子の「英祖王」の誕生祝いの宴を再現したもので、当時は「昌慶宮」で日曜日に行われていましたが、今や懐かしい催しのひとつになりました。

イメージ.jpgイメージ (7).jpg
イメージ (3).jpgイメージ (4).jpg




イメージ (6).jpgイメージ (5).jpg



共通テーマ:旅行

ありがとうございます、「韓国シリーズ」のブログ 150万閲覧突破

  自分の韓国話題を中心として始めたブログ、もう4年と1ヵ月なんだそうです。
元々は中国やら台湾への旅行とともに、「お隣の国旅行メモリー」としてその思い出を残そうと始めたものが、手軽に行かれる韓国だけが一人歩きしてしまい、「自由気ままな韓国一人旅」、そしてその続編としてこの「今・韓・日・触」と、韓国の旅行やら韓国時代劇の話題を中心にして続けてきましたが、その「韓国シリーズ」が昨日の時点でおかげさまで150万の閲覧数を越えてしまいました。
  信じられないですよねえ…書き始めた当初は1日の閲覧数が15くらいから始まって、一般個人のブログだもんこれぐらいだよねって感じで、50を越えたよ、初めて100を越えたよ、などと読んで下さる方がみえるだけでも嬉しかったのに、今や毎日1000、多い時には2000という閲覧が当たり前のようになってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
150万と言ったら政令指定都市になれるような数じゃないですか(笑) よくもここまで続けてこられたものです、いえいえ、〝nice〟も〝コメント〟も受け付けていない、こんな一方通行で身勝手なブログを、よくもこれだけの方が読んでくださったものです、ただただ 「ありがとうございます 」、それしかありません <(_ _)>

  思えば2010年10月、来月の早々にまた再再会する「ドラミアツアー」でのお仲間だった えりなーさんやガリィパパ・ママさんと出会った頃は、「もうすぐ10万になるんですよ」なんて話していたのが、あの頃から急にアクセスが伸びだして2年半で140万って…本当に嘘みたい!というのが率直な思いです。

  これからはこれまでのような韓国旅行はできなくなるかもしれません、だけど韓国時代劇はやはり今でも好きです。
多くの記事を書くことは無理でも、元々が歴史好きだった自分なりの視線で、これからもボチボチと気負わずにマイペースで書いていかれたらいいかなと思っています。
  「なにをつまんねえこと書いてるんだ!」ということもあるかも…っていうより、ほとんどがそうかもしれませんが[たらーっ(汗)]温かい目でこれからもどうかよろしくお願いします <(_ _)>

     j 公山城 (4).jpg

共通テーマ:旅行

これで〝ぼったくりタクシー〟の不安も解消(?)、こんなタクシーなら韓国旅行で利用してみたい [韓国・文化と話題]

  韓国も以前は〝ぼったくりタクシー〟なんてのが横行していた時代もあったようですが、だんだん影を潜めつつあるようです…多分(?)としか言いようがない(笑)
だって現在でも、観光案内所や観光サイトでは「模範タクシー」を勧められるということは、いまだにそういった輩のタクシーが存在しているということなのかもしれませんもんね。
そもそもが「模範」と「一般」なんていう種類分けがあること自体が、韓国のタクシー利用をより不安にさせているという気がしなくもない。
だいたいからして、我々のような日本人観光客は、メーターを倒したままとか現金先払いとか、そういった明らかなジェスチャーがなければ〝ぼったくり〟なんて分からないわけで、もしかしたらわざわざ遠回りをして料金を稼いでいるなんてことも考えられなくもない。

  自分の場合は、忘れもしない2008年1月の二度目の韓国で、以前のブログの初期の頃にも書いてますが、水原(スウォン)の「八達門(パルダルムン)」前で暇そうなタクシーに、「韓国民俗村」まで行ってくれるか訊ねたら、5万ウォンでなら行くと言われて馬鹿正直に支払ったものです。
当時の5万ウォンだとほぼ5,000円ですよ、今なら「とんでもねえ!観光公社の苦情で訴えてやる!」となるところなんですが、当時はなーんにも知らないですから、「韓国の地方のタクシーはこういうものなのか」っていう感じでしたし、日本のタクシー料金の頭があるから「タクシーならこれくらいの金額かな(?)」なんてことを考えたりして、何よりも乗り換えようにもその仲間のタクシーしかいませんでしたからね、本当に知らないというのは怖いものです。
  
  帰りには別のタクシーに乗ってもちゃんとメーターで料金が出るし、「民俗村」から「水原駅」までを渋滞に引っかかりながらも行きよりかなり安い料金だったから、初めて〝ぼったくられた!〟と気付いたようなもので、韓国にはぼったくりのタクシーが存在しているのを実体験として知ったというわけです。
  それからはちゃんと観光地用の「茶色の道標」に沿って走っているか?なんてのも見ているようになったし、先に料金がこれくらいかかるとか言われても、ちゃんとメーターが作動しているのを確認するようになったしで、言われた金額よりも高くなったこともなく、無事にごく普通のタクシーでの旅行ができているようです[わーい(嬉しい顔)]
ただし、猛スピードと信号無視の恐怖感は別にして[あせあせ(飛び散る汗)]

  韓国のタクシーが変わりつつあるのを感じてはいても、やはり初めて訪れる人たちにとっては、観光案内所で「黒い模範タクシーに乗ってください」などとわざわざ言われたりすれば、一般のタクシーに乗るのが不安だということもあるかもしれませんし、ちゃんと遠回りせずに走っているんだろうか(?)なんていう不安は付いて回るものだと思います。
そして最大の関心事は、きちんと自分が伝えた目的地に向かっているんだろうか?っていうことですよねえ、女性なんかは特に、「へんな場所に連れて行かれやしないか(?)」ってかなり不安じゃないかと[たらーっ(汗)]

20130517100435-1.jpg
「中央日報」の記事 http://japanese.joins.com/article/712/171712.html?servcode=800§code=860&cloc=jp|main|breakingnews

  そこで、このたび開発・提案されたのが「韓国版イエローキャブ」
色が黄色とかっていうニューヨークのようなのではなく、ちっちゃくて可愛らしいあんなタイプのタクシーです。
その名は 『マイタクシー(My Taxi)』
この「中央日報」で紹介されていた記事に、日本のなんとかいう車のパクリだなんていうコメントもあったようですが、そんなこたあおいらにゃどうでもいいことで、この提案されたタクシーの気に入ったところが、
  旅行カバンやベビーカーなどを載せられるようにした ってこと。
ちょっとした旅行用のバッグを持って乗ると、わざわざトランクを開けてもらうほどでもないけど、普通の座席に持ったままでは座席に寝かせたり、窮屈な足元に置いたりして邪魔臭いんですよねえ、しかも引っかかったりして乗降がしにくいったらありゃしないわけで、こんな荷物用のスペースが最初からあったら助かるってもんです。

  次がこれです
  6カ国語で予想料金および位置・経路の確認が可能な乗客専用ディスプレイ装置も設置された
これなら上に書いてきた〝ぼったくり〟の心配なんかありゃしない、ちゃんと目的地に向かっているかも確認できるし、だいたいの料金が予想できれば支払いの準備もしやすいですよね。

  他のスマートフォンがどうとかなんてのはどうでもいいですが、この二点だけは気に入りました、しかもこれだけ小型なら小回りもきくし、かしこまった気分じゃなくって気楽に乗られそうじゃないですか。
まだまだ自治体への導入提案の段階ですから、現実に採用されてこれが走るのか分かりませんが、ぜひとも導入を考えてもらいたいものです。
韓国のタクシーの不安もこれで解消されるわけですから、韓国観光のイメージアップにもなると思うのですけどね。
なんやら一度は乗ってみたいっていう気分にさせてくれそうな、そんな可愛らしいタクシーの話題でした。

共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。