So-net無料ブログ作成

九州の思い出は、写真の無い〝修学旅行〟  [日本・観光地の思い出]

  もう大昔の話ですが、私が九州を初めて訪れたのは、高校の修学旅行でした。
本当に大昔のことですから、鮮明な記憶というのは殆どありませんが、日程の何日目かに訪れた「熊本城が広すぎやんけ」と、少々疲れも出始めてましたから億劫な足取りで、いいかげんな見学をしてきてしまいました。
残っている記憶と言えば、その広いことと、篭城のために壁土に藁の代わりに干瓢を使っただとか、畳には芋のずいきを使っているだとか、そんなどうしようもないことばかりです。
  ここ数日の熊本や大分の大地震のニュースを目にすると、本当に勿体無いことをしたものです、あの時に目にして来た熊本城の姿は今は無いわけですから。

     イメージ.jpg

  熊本には大学の後輩たちが多勢います。
付属高校の関係で、自分が住んでいたアパート形式の下宿は、なぜだか熊本の付属高校からの連中ばかりでしたから、今回の地震のニュースを初めて目にし耳にした時に、真っ先に浮かんだのがその後輩たちのことです。
熊本にはコースケが、八代には正弘が、天草には一成が…、その他にもいっぱいいます。
不幸な報道はありませんから無事なんでしょうが、きっと不安でいっぱいの毎日を過ごしているかと思うと、他人事ではなく本当に心が痛みます。
そして、不幸な報道といえば、学部も、もちろん年代は随分と違うし面識などあるわけもないのですが、大学の後輩が何人か犠牲になってしまい、熊本校も被害にあっているらしく、本当に辛いニュースばかりです。
昔のことでも、母校とか後輩とかって、なんか思いいれが違いますから。
今はただただ、早く地震が終息し落ち着いてほしい、そして一日も早く復興を果たして立ち直って欲しい、そう祈るしかありません。

阿蘇の草千里にて
   (11).jpg

  話は戻りますが、修学旅行でかなりいいかげんな見学をしてきた自分が、今は日本の天守に大いに興味を持っていますから、「これはなんとかせにゃいかん!!」というわけで、名古屋よりも一足先に本丸御殿も再建されたことだし、一部名古屋の本丸御殿の資料も参考にしているらしいし、今年は熊本城に行こうと予定していた矢先にこの災害です。
韓流仲間のえりなーさんは、この間熊本城に行ってみえたばかりで、それがあの姿ですからショックを受けてみえるようですが、まだましですよー!、これから行こうとしていた自分は、もう二度とこれまでの熊本城には出会えないんですから[もうやだ~(悲しい顔)]
あの立派な石垣の一部が崩れ落ち、櫓のいくつかが崩れた映像は、日本の城ファンの自分にとってかなり、かなりのショッキングなものでした。
ただ、400年前からずっとその姿を残してきた「宇土櫓」が健在で、元気な姿を保っているっていうじゃないですか!、やっぱり凄いです!再建された天守よりも400年前の櫓が頼もしく凛々しく残っているなんて[exclamation×2]
これからも熊本の皆さんの心の支えとして、きっと頑張ってその姿を留めてくれると信じています。
頑張れ!「宇土櫓」、頑張ってください、熊本や大分のみなさん、九州地方のみなさん!!!!!

  さてさて、どうも話題が地震の方へどうしても行き勝ちですが、我が高校の修学旅行。
実はおいらにはその思い出に乏しい理由があるのです…[ふらふら]
それは、〝写真が無ーーーい〟からなのです。
写真を見れば自ずとその時々の記憶が甦ってくるものですが、自分にはその記憶の種すら残っていないんですよねぇ。
行く先々の顔もよく判別できないような集合写真が7枚と姿が映ったスナップ写真が10枚ほど、そして風景が5枚ほど、ってなものです。
それはなーぜか[exclamation&question] 昔からのそそっかしくドジな自分のせいなんですよ。
昔ですからカメラにフィルムをセットしなくちゃあいけない。ところが、それがうまく巻き取られていないと、こんな悲惨なことになっちゃうんですよ。
今はいい時代です、デジカメやらスマホやら、簡単に大量の画像が残せますもんねぇ。
でも、おいらのドジは自分ひとりでは済まない、だって、友人の写真もいっぱい撮ったつもりでしたから…[たらーっ(汗)] そうです、友達の思い出も真っ黒のネガとともに奪い去っちゃったんだよーーー!

  文字ばかりでは寂しいページで終わってしまいますから、なんとか画像を入れたい、ってなわけで、数少ない写真を貼っときますから、我が高校時代の姿と九州を偲んでおくれやす[バス]

イメージ (2).jpg(10).jpg

共通テーマ:旅行